仕事の悩み

新入社員は気をつけろ!「上司に嫌われる新卒」の5つの特徴

会社で快適に働くには何と言っても良好な人間関係が必要ですよね。

特に毎日関わる上司とは良い関係を作っておきたいですよね。

でも気づいたら私、上司に嫌われているかもしれない…?と思ったことはありませんか。

私も職場でミスもしていないのに上司から私だけ話しかけられない、嫌われてるかも?と思うことがありました。

今になって考えてみると「○○○○」が原因だったのかも?と思い当たるところがあったので記事にしてみました。

今回は上司と良い関係を作るために知っておきたい「上司に嫌われる新卒」の特徴を書いています。

上司に嫌われる人はどんな人?

言い訳する人


「それは後からやろうと思っていたので…」
「私はダメだと思っていたのですがお客様がそうしたいと言うので…」

ついミスを指摘されたら言い訳をしてしまう時ってありますよね。

ミスの原因って100%自分の責任ではないことがほとんどなのでつい口を出したくなるんですよね。

言い訳することで自分は悪くないと伝えたいのです。

ミスで怒られたくない、自分の評価を悪くしたくないという理由でも言い訳したくなる人もいるかもしれません。

でも、言い訳することで上司からのあなたの評価は落ちる一方です。

何故ならば、上司はあなたが悪いと認識してミスを指摘しているからです。

どんなに100%悪くはないと言っても、上司からすると言い訳と認識して嫌悪感を抱くだけです。

自分の評価を悪くしたくないと思うのであれば、まずはミスを認め謝罪をすることを優先してください。

結果的にこれ以上自分の評価を悪くすることを防げます。

自分からバリアを張っている人


私が上司と仲良くなれなかった原因は「自分からバリアを張っていた」からだと思います。

上司や自分よりも偉い人を前にすると何を話して良いかわからず、つい無言になっていました。

変なことを言ってはいけないと思って見えないバリアを張っていたんですよね。

でも、上司から見るとバリアを張っている部下ってコミュニケーションが取りにくいんですよね。

部下が仕事で困っていそうでもアドバイスもかけにくいです。

このタイプの人は上司から嫌われるというよりも「どう対応したら良いか分からない人」と認識されます。

よく上司に「彼女にフラれそうなんですよ〜、どうしましょ〜笑」とか、プライベートの悩みまでペラペラ話す人っているじゃないですか。

上司から見ると「うっとうしいな〜笑」と思いつつも、そういう人の方がミスした時もアドバイスしやすいんですよね。

私も、まだ上司と話すのは苦手なタイプで自然とコミュニケーションを取れる人が羨ましいですが、笑

今はバリアを張らないように、意識して会話をしています。

以前よりも上司との関係も良好になっていますよ。

あわせて読みたい
「仕事ができなくても好かれる」人はアレをしていた!?明日からマネしよう!今回は【今からマネできる愛されキャラを作るコツ】について書いていきますね あなたの周りに「仕事はあまりできないけど上司に好かれるん...

ミスをした時にごまかそうとする人


ミスをした時、上司に怒られたくなくてついミスをごまかそうとしてしまいますよね。

私も恥ずかしながら、大学生の頃のアルバイト先でお客様に返すはずのお釣りを渡し忘れ、お金を見えないように隠したことがあります。

でも、あとで店長に見つかり、こっぴどく怒られました。

お釣りの渡し忘れた時に店長に伝えておけば、小さなミスとして済んでいましたが、ごまかそうとしたことで自分の評価を下げたのです。

今思い返しても、店長はミスをごまかすような人に大事な仕事は任せられなかっただろうなと思います。

そして、今になって思いますが、ミスをごまかした時はほぼバレます。

バレて評価を下げるより、ミスをしたことを正直に話しましょう。

分からないことを分かったふりする人


分からないことを分かったふりする人は一番厄介なタイプです。

このタイプは大きく2つに分けることができます。
1.言葉通りの「分からなくても分かったふりをする人」
2.分かったと本人は思っているけど分かっていない人

言葉通りの「分からなくても分かったふりをする人」は上司から一番嫌われるタイプです。

何故ならば、仕事をなめているもしくは上司をなめているからです。

このタイプは心の中で「分からないけどここはそんなに重要じゃないだろう」と思っているんですよね。

でも新入社員の時に自分で重要か重要ではないか判断するのは危険です。

重要ではないと判断しミスをしても責任は取れないですよね。

上司からすると説明したのに分かっていなかったのか…とあなたの評価が下がります。

分かったと本人は思っているけど分かっていない人は人の話を聞くことが苦手な場合が多いです。

分かったと思ってたのに理解しておらず、ミスを繰り返すタイプは上司が何を伝えたいと思っているのか考えてみてください。

話を聞くことが苦手な人は「いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)」を集中して聞きましょうね。

感情的になりやす人


注意されたらすぐに怒ったり、態度が悪くなる人っていますよね。

感情的になりやすい人は理性が聞かず、自分に余裕がなくなるため、ミスが多くなります。

また、すぐに怒るような人は人間関係を築き上げるのも難しいですよね。

誰も助けてくれなくなります。

上司から見ても、感情的になりやすい人は大事な時に最大限のパフォーマンスを出すことができないため、重要な仕事は任せないかもしれません。

感情的になりやすい人は軽くその場でジャンプしたり、息を長く吐くと自分の精神を落ち着かせることができますよ。

さいごに

今回は上司に嫌われる人の特徴をご紹介しました。

共通して言えるのは「プライドが高く、自分が嫌われたくない」と思っている人は逆に嫌われやすいです。

 上司に嫌われないのが全てではないですが、好かれる方が仕事がやりやすのは確かです。

上司に嫌われる人の特徴を反面教師に参考にしていただけると嬉しいです。