恋愛の悩み

「彼氏に依存しすぎるのをやめたい!」自分を変える5つの対処法は?

この記事では、彼氏に依存しすぎるのをやめるための対処法についてお話します。

自分では自覚がないけれど、彼氏から“気持ちが重い”と言われて別れを切り出されたという経験のある方、いらっしゃいませんか?

彼氏に依存しすぎると、彼氏のことしか見えていないので、気持ちも行動も全て彼氏に向かってしまいます。

彼氏からすると重く疲れてしまうということにもなりかねません。

そうならないためにも、彼氏に依存しすぎてしまっている彼女はどんな状態なのか、彼氏に依存しすぎる原因、どう対処すれば改善できるのかということについて知りましょう。

少しずつ対処していけば、彼氏との距離を上手に取ることができますよ。

大好きな彼氏との関係が長く続くよう、ぜひ参考にしてみてくださいね!

それでは1つずつみていきましょう。

彼氏に依存しすぎているのはどんな状態?


彼氏に依存している状態は、一言で表せば“周りが見えていない状態”です。

よく昔から「恋は盲目」なんて言葉が使われてきましたが、その通りですね。

要は自分の気持ちが真っすぐでも、彼氏や友人・同僚など周りが見えていないということになります。

彼氏との時間が一番大切になっている

友人と約束をしていても、後から彼氏の時間が出来たと分かると彼氏との時間を優先させるなんて方、いらっしゃいませんか?

遠距離恋愛や忙しくてなかなか時間を作ることが出来ないカップルの場合は問題ありませんが、しょっちゅう会うことが出来る状態でいつも彼氏を優先させている人は彼氏に依存している方かもしれませんね。

お友達の理解があること・彼氏が一人の時間を欲しがっていなければ問題ないですが、彼氏の時間が空いたらいつでも一緒にいたいという自分だけの気持ちで、彼氏との時間を過ごしているのであれば問題アリです。

電話やラインの返事が来ないと心配で何度も連絡をしてしまう

電話やラインを用が無くても一日に何十回もしてしまうとか、彼氏から返信が無いと気になって他のことに手がつかない、イライラする、返事が来るまで何度も連絡を取ろうとするといった方は、彼氏に依存している可能性が高いです。

彼氏のことしか見えていない状態といえますね。

何でも彼氏に合わせている

もしかすると自分自身では意識していないかもしれませんが、彼氏の好みの服装しかしなかったり、休日は会える可能性が無くても彼氏のために空けておいたりする、彼氏の都合や好みに何でも合わせるなんて方は、彼氏に嫌われないように気をつかっているのではないでしょうか。

もちろんある程度は彼氏の好みに染まってしまうのは当然のことですが、なんでも彼氏のために全てを合せるというのはちょっと依存傾向が強いと言えますね。

どうして彼氏に依存してしまうの?


彼氏に依存しているつもりがないとか、どうして依存しているのか分からないという場合は次のような原因が考えられます。

“彼に全て合わせる=愛”だと思っている

彼氏に尽くし、彼氏に自分が全て合わせることこそ愛に深い彼女だと思っている方、いらっしゃいませんか?

彼氏に尽くすことは決して悪いことではありません。

それが喜びと感じる方もいらっしゃるでしょうし、考え方は人それぞれです。

ただそれを彼氏が重いと感じることがあるかもしれませんし、彼氏自身がもっと彼女の彼女らしい一面を見てみたいと思っているかもしれませんよ。

夢中になれるものがない

趣味ややってみたいことなど、なかなか興味がわかない時には彼氏一直線になってしまいがちです。

他に目を向けられないので、とにかく彼氏にしか目が行かなくなってしまいます。

自分に自信がない

自分に自信がなくてこの恋を逃したらもう次はないと思ったりしませんか?

私自身もそんな時があったなと思うのですが、“もしも彼氏と別れてしまったら次に彼氏が出来るのかな、そうなると一人ぼっちになってしまうんじゃないか”と思う気持ち、よくわかります。

私は主人と付き合っていた期間がかなり長かったのですが、長くなれば長くなるほど、もし別れてももう一度新しく彼氏なんて出来ないんじゃないかと思った時期がありました。

そうなると嫌われないようにとか、何とか引き留めなければという気持ちも強くなってしまいますよね。

彼氏を何とか引き留めておかなければという気持ちになってしまうと、彼氏を束縛してしまったり、携帯をチェックして彼氏が他の女性の方を向いていないか確認しなければ不安になってしまったりする方もいるのではないでしょうか。

周りに友達があまりいない

引越ししたりして新しい土地で生活を始めた場合、彼氏が出来ても周りに友達がいないとどうしても彼氏にばかり執着してしまいます。

人見知りしやすくなかなか友人を作りにくいという場合には、余計に“私には彼氏しかいない”とか“彼氏さえいれば大丈夫”と言った気持ちが芽生えやすく、彼氏に依存しやすくなってしまいます。

彼氏に依存しすぎないようにするには、どんな対処法がある?


彼氏に依存しすぎない方法はズバリ“自分の中の彼氏以外の部分を充実させること”です。

彼氏に依存しすぎている状況が、周りを見ることが出来ていないのであれば、彼氏以外の自分の周りに目を向けることから始めてみてはいかがでしょうか。

(1)女友達との時間を楽しむ

彼氏との時間が落ち着けるし一番大事という気持ちも分かりますが、女友達との時間もとても楽しいです。

女性同士で美味しいものを食べながら愚痴を言い合ったり、情報交換をしたり、たわいのない話をしたりしてみてはいかがでしょうか。

彼氏との時間とは全く違った、同性同士でしか楽しめない雰囲気や会話が楽しめますよ!すごくストレス発散にもなるのでおすすめです。

(2)夢中になれることを探す

彼氏以外に夢中になれることなんてないと思い込んでいませんか?

趣味や習い事にお友達と一緒に通ってみたり、アーティストのおっかけなど夢中になれるようなことを探してみましょう。

大きなことをしなければならないということはありません。

ちょっと彼氏以外にも目を向けられることを見つけられたらいいですね!

(3)仕事に打ち込む

彼氏に対しての思いを仕事に対して注いでみましょう。

仕事は責任感や集中力が必要となるので、彼氏のことばかり考えていられなくなります。

仕事のスキルアップで資格の勉強をしたりするのもいいですね。

仕事を頑張ったら彼氏に連絡するとか、自分の中で彼氏に会えることをモチベーションにして仕事を頑張るのもいいですね。

(4)一人の時間を楽しむ

夢中になれるものを見つけることに似ていますが、一人の時間を楽しむことが出来るようになると彼氏に依存しなくても楽しく生活することが出来ますよ。

休日にショッピングに出かけるとか、音楽を聴く、読書、お散歩するなど何でもでもいいですよ。

一人で何かに取り組んで楽しむことが出来ると、彼氏のことばかり考えて仕方がないということがなくなり、有意義に時間を過ごすことができます。

(5)色んな人に出会う

男女問わず、色んな人との出会ってみましょう。

合コンをしろと言うわけではありませんが、男性でも彼氏以外の男性と話をして色んな男性がいるということを知るのもいいのではないでしょうか。

同性だけでなく異性の友人が出来ると世界が広がります。

出会いをきっかけに行動や生活が広がることが出来るので、飲み会など人の集まりがある所には積極的に参加をして色んな人に出会ってみるのがおすすめですよ。

さいごに


彼氏のことが大好きでいつでも一緒にいたいという気持ちは全く悪いことではありません。

むしろ素敵なことですよね。

ただその気持ちが彼氏に重くのしかかるような、彼氏に依存しすぎている状態では彼氏も疲れてしまいます。

自分はこんなに彼氏との時間を大事にしているのに、どうして彼氏は自分のためにだけ時間を割かないんだろうと不満も募ってきませんか?

彼氏が彼女と一緒にいることに疲れてしまって、他の女性に目を向けたり別れを考えるということがないよう、普段から彼氏に依存しすぎないようにしましょうね。

彼氏に依存しすぎないということは、自分の時間を楽しむことが出来るようになるというわけですから、自然と自分の周りの世界も広がるのでいいことも沢山ありますよ!

彼氏と今後も楽しくお付き合いしていくためにも、もしかすると自分は彼氏に依存しすぎているかもしれないと心当たりのある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!