恋愛の悩み

あなたの彼の束縛レベルは大丈夫?束縛彼氏の5つの特徴と対処法

この記事では、束縛彼氏の特徴についてお話します。

「好きで付き合ったはずなのに、なんだか窮屈に感じる」「愛情を感じるけれど、なんだか重くてしんどい」なんて感じる女性、あなたの彼氏は“束縛彼氏”じゃないですか?

本来適度な“束縛”は問題ありません。恋愛において必要な場合も多々あります。

ただ、彼氏の束縛レベルはあなたの許容範囲にあっていますか?

束縛はお互いに心地よいレベルでなければ、どちらかに負担がかかってしまいます。

だからまずは束縛彼氏の特徴をチェックして、彼氏の束縛レベルをチェックしてみましょう。

彼の束縛レベルがあなたの許容範囲かどうかが分かれば、どうすればより良い関係になれるか考えることができますよ。

束縛彼氏の5つの特徴

1.彼女の周りの男性に嫉妬する

束縛彼氏の代名詞と言えば他の男性に対しての“ヤキモチ”です。

職場の同僚や友達と飲みに行く時、男性が混じっていると不機嫌になったり、「あの人は絶対にお前のことが好きだ」と勝手に勘違いして怒ったりします。

実は私の主人も昔はいわゆる“束縛彼氏”でした。

男友達の名前を出すだけでも不機嫌でしたし、一緒にみんなで飲みに行った時にも他の男友達と話していると「絶対あいつはお前のことが好きだ。お前は隙がありすぎる」といつもぷりぷりしていましたね。

エスカレートして、「男と話をするな」とか「スマホの男の連絡先を消去しろ」なんて無茶苦茶なことを言ってくると要注意レベルです!

2.彼女の交友関係に口を出す

私の主人はそうでもなかったですが、彼女の女友達にも嫉妬をしたり、「あの子は男友達が多いからあまり遊ばないで」と彼女の交友関係にまで口を出してくる彼氏もいます。

しまいには、友人と連絡を取らせない・会わせないように邪魔してくると要注意レベルですよ!

3.電話やラインの頻度が毎日多い

電話やラインの頻度が毎日多い人、いませんか?

私の主人は今でこそ一日に4回くらいの電話の回数に落ち着きましたが、昔は一日に15回~20回は電話がかかってきていましたね。

私の友人がすごくびっくりしていました。

友人が「電話しすぎだから!」と主人に笑いながら言ったら、ショックだったみたいで電話の回数がへりました。

主人は話を聞いてもらいたくて電話をしていたようですが、中には彼女が何をしているか把握したくて電話やラインで確認する人もいるようですね。

返信が遅くて切れたりする人はちょっと怖いので要注意レベルです。

4.彼女のことをいつでも把握しておきたい

出かける時には「どこにだれと行くの?」と聞いてくる彼氏、電話やラインと一緒でとにかく彼女のことを把握しておかないと心配で仕方がないんでしょうね。

だんだんエスカレートすると、「本当に女の子の友達と出かけるの?」とか、わざわざ遊びに行っている時間に確認のために電話をかけてきたりします。

後をつけてきたり、GPSを勝手につけたりしていると要注意レベルです!

5.服装や髪型に口を出す

「この服露出が多いからやめて」というのは、彼氏としては他の男性に見せたくなという独占欲の表れですよね。

私の主人もよく言っていました。

ただ、毎回服装や髪型を全部自分の好みにコーディネートしなければ気が済まない彼氏の場合、征服欲・支配欲を感じます。

自分の選んだ服を着せたい欲求も分かりますが、度が過ぎるとちょっと怖いですね。

どうしてこんなに束縛しようとするの?

彼女のことが好きすぎる

彼女のことが好きで好きで、自分だけを見て欲しくて束縛する彼氏は、こちらも「しょうがないな」と始めはちょっと嬉しくなっちゃいます。

でもさすがに続くとしんどさを感じる時もありますよね。

このタイプははっきり「束縛がきつすぎる」と言えば、嫌われたくないので改善してくれようと努力はします。

過去に浮気をされた経験がある

過去に付き合った彼女が浮気をしていたら、それがトラウマになって彼女を束縛してしまうという男性も中には多いです。

浮気をされるのは確かに女性不信にもつながりますし、彼女を束縛して監視しておかないと不安という気持ちも多少は分かります。

彼女が男性からモテる

男性からモテて魅力的な女性が自分の彼女となると、他の人に取られたくないと心配になって束縛をする男性もいますよね。

男性だけではなく、女性にもよくある束縛ですね。

独占欲が強い

とにかく彼女に対して“自分だけのモノ”という意識が強いです。

だから自分の彼女なんだから管理して当たり前、自分の彼女なんだから自分に合わせて当たり前といった具合に、勘違いしちゃう人も多いです。

もともと支配欲が強い

“性癖”と言えばそれまでかもしれません。

また、彼氏の育ってきた環境がそうさせるのかもしれません。

彼女を支配することで快感を得るタイプの彼氏がいます。

根底には彼女のことを好きという気持ちがあるのかもしれませんが、次第に全てを自分のものにしないと気が済まない、従わせたい、自分の言うことを聞かない彼女が悪いといった意識を持ちがちです。

歪んだ愛情という表現が当てはまるかもしれませんね。暴力も愛情の一つと捉え、正当化することがあるので注意が必要です。

別れ話を一番切り出しにくいタイプではないでしょうか。

束縛彼氏をコントロールする方法はある?対処法は?

彼氏に普段から“好き”を伝える

「彼女は本当に自分のことを好きなんだろうか」「他の男性に彼女を取られるんじゃないだろうか」と不安なタイプの彼氏には、安心感を与えましょう。

“好き”な気持ちを伝えてハグをするとか、あなたのことが一番好きというのを伝え続けて、自信を持ってもらいましょう。

彼氏に甘える

彼氏に甘えさせてあげてばかりいると、自分ばかり彼女が好きだという気持ちはどんどん強くなります。

だから、彼に甘えましょう。

彼氏を頼りにしていること、彼氏にしか甘えられないというところを見せてあげると、彼氏も安心できますよ!

逆に束縛してみる

束縛を喜ぶタイプの彼氏には効果がありませんが、彼氏からされた束縛をそっくりそのまま彼氏にやってみましょう。

すると、「こんなに窮屈なんだな」というのを分かってくれるかもしれませんよ!

私も昔、主人が友達と遊んでいる時に何度も電話をしたら「今、連れと居るからこういう電話やめて!」と怒られました。

すかさず「私も毎日されてるけどね」と返したら謝られて電話が減りましたよ。

どうして束縛するのか聞く

直に彼氏に聞いてみましょう。

とことん話し合って、どうすれば安心できるのか一緒に対策を見つけられると良いですね。

きっぱり「束縛しすぎ」と伝える

逆上しないタイプの彼氏の場合、彼女のことを好きだという気持ちが根底にあれば彼女に嫌われたくないので受け入れてくれることが多いです。

彼氏の束縛に対して我慢して過ごすよりも、自分の気持ちを伝えることで上手く付き合う方法を一緒に見出すことができるかもしれませんよ!

隠し事をしない

一度隠し事をしてしまうと、それがばれた時に余計に彼からの束縛はひどくなってしまうことが考えられます。

もしかすると“彼女に裏切られた”という憎しみに変わるかもしれません。

隠し事はせず事後報告ではなく、予定を伝えておくといいですね。

束縛彼氏と別れる時に注意したいことは?


束縛彼氏の彼女への執着心が強すぎる場合、束縛彼氏と別れるのはとても難しいです。

私自身、昔主人が束縛彼氏だった時は、正直主人は私が別れを切り出したら死ぬんじゃないかと思っていました。

周りの友人からも言われていましたね。

主人の束縛がひどかった時期は大学生の時でしたが、社会人になってお互いに新しい生活を始めると自然と私だけに向けられていた執着心が他に開放されたのを感じました。

だから私は全く別人と付き合っている感覚になって、すごく戸惑ったのをよく覚えています。

私は主人と別れませんでしたが、<span class=”marker”>あまりに限度を超えたレベルの束縛彼氏と別れる場合には、周りの協力が必要です。

別れ話をする時は、人目のあるカフェで誰かについてきてもらう

逆上されて突然刺されたり、暴力を振るわれたりするのは怖いです。

カフェとか人目につくところで別れ話をするようにしましょう。

友人や家族にもあらかじめ同じ店内にいてもらうと安心ですよ!

別れる時にはきっぱり伝える

つい悲しそうな相手の顔を見ると別れを言い出し難くなってしまいますが、きっぱり別れは伝えましょう。

そうでなければ、相手に付け入るスキを与えてしまいます。

彼に束縛の改善の余地があるのであれば、信じてみるのもいいかもしれません。

でも改善の見込みがない、自分には辛いと感じるのであれば頑張って別れを切り出しましょう。

彼は一度切れかかってつながった糸を必死につなぎとめるため、よりガチガチに束縛してくるかもしれませんよ。

自然消滅は後が怖い

自然消滅を狙って急に連絡を取らなくなると、彼は裏切られたと逆上する可能性が高いです。

特に彼女に対して執着の強かった彼氏は、より彼女に対しての執着心が強くなり、何をするか分かりません。

別れる時には、会って話をしてきっぱり別れることが一番のポイントです。

周りに相談する

別れ方がうまくいかず、彼氏がストーカーになってしまったという経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ストーカーから犯罪へつながる事件も多々起きています。

元々好きだった人に憎悪の気持ちを向け、傷つけようとするわけですからとても恐ろしいですよね。

来るだけ周りの人に間に入ってもらったり、家族や友人にも話を聞いてもらったりしましょう。

1人で抱え込むと精神的に追い込まれてしまいますよ。

さいごに


“束縛彼氏”は一見面倒臭そうに思われますが、人は誰しもが多少の束縛はします。

束縛されることで愛されていることを実感する方も多いのではないでしょうか。

付き合っていた時の主人は周りから見ると結構な束縛彼氏だったようです。

でも私自身は特に男友達と遊びに行きたい欲求もなかったし、電話の回数も他の男友達への嫉妬も別に嫌じゃなかったので、問題なく付き合えたんだと思います。

やっぱり相性はありますよね。

束縛するから居心地が悪いでは決してありません。

女性だって束縛をしますし、お互いに束縛し合って安心感を感じることだってあります。

束縛されたいのに束縛してくれない彼氏、束縛して欲しくないのに束縛のすごい彼氏で、なかなかうまくいかないなと感じている女性も多いはずです。

ただ束縛にも限度があります。

行き過ぎた束縛で苦痛を感じるようあれば、彼氏に改善してもらうか別れることも視野に入れる必要がありますよ。

彼氏彼女の関係はお互いの居心地の良さが無ければ成り立ちませんよね。

ちゃんと彼氏にお互いに居心地に良さ、感じていますか?

ちょっと立ち止まって、彼氏との関係を冷静に見つめ直してみてくださいね!

あわせて読みたい
当てはまるとヤバイ!結婚する気がない彼氏の7つの特徴!長く付き合っているのに全く、「結婚」の二文字が出てこない。 二人の将来の話をするとなんとなく、はぐらかされて終わってしまう。 ...