恋愛の悩み

「バレたらダメ?」社内恋愛で付き合う時に決めておきたいルールは?

この記事では、社内恋愛で上手にお付き合いするためのルールについてお話します。

社内恋愛をしていると会社に行くだけで彼氏や彼女に会えるので、毎日がとても楽しくて仕方がないという方も多いのではないでしょうか。

でも社内恋愛って実はお互いにルールを決めておかなければ上手くいきません。

これは会社が仕事をするための場所だからです。

お互い周りに迷惑をかけず、仕事も恋愛も両立して上手にお付き合いしていくためにも、社内恋愛の守っておきたいルールについて、ぜひ彼氏や彼女と考えてみてくださいね。

それでは1つずつみていきましょう。

社内恋愛のメリットは?

仕事のモチベーションが上がる

好きな人と同じ会社で同じフロアで働いているというだけで、よし今日も仕事を頑張ろうという気持ちになれます。

またライバルとしてお互い刺激し合える存在というのも、社内恋愛のメリットと言えますね。

仕事の悩みを分かり合える

好きな人が同じ会社だと、悩みや愚痴も打ち明けやすいです。

相談された側も共感・アドバイスがしやすいですよね。

社内恋愛だからこそのスリル感がある

周りに内緒で社内恋愛をしている場合は、ばれないようにというスリル感を楽しむというカップルも少なくありません。

私は小心者なのでスリル感とかは疲れます。

でも一度学生の時に事情があって周りに内緒で彼氏と付き合っていたら、それに感づいた私の親友が私が内緒にしていることに対して悩み、彼女を傷つけてしまった経験があります。

事情があるにせよ、内緒にするって結構難しいですよね。

社内恋愛ってタブーなの?


社内恋愛と聞くと、漫画やドラマの中の世界を想像して、なんだかちょっとドキドキしてしまいますよね。

でも実際は、「社内恋愛禁止」という会社は少なくありません。

どうして社内恋愛を禁止する必要があるのでしょうか。

周りの人間関係に大きな影響を及ぼす

社内同士でお付き合いをしていることが分かると、あっという間に噂は広がりますし、それが上司と部下の関係だったりすると、努力して認められたことでもコネだと言われたりします。

結構女性の世界では集団になるとあることないことがささやかれ、それが本当のことのように独り歩きするので怖いです。

ちょっとしたことでも、“えこひいきをしている”と一人が言い始めると、「私もそう思っていた」とか「そうらしいよ」と共感や拡散されていくので要注意ですよ。

また周りもいちいち気を遣いますし、仕事はやりにくくなってしまいます。

オープンで小さなアットホームな感じの会社なら、温かく見守ってくれることもあるかもしれませんが、基本的に社内恋愛はいろんな想像をされて、それを噂にされることが多いです。

チームワークが重要となる会社において、人間関係に大きな影響力がある恋愛は禁止にすべきという考えも一理ありますね。

プライベートが仕事に影響しやすい

同じ職場の人とお付き合いをすると、喧嘩をした後や別れた後もずっと顔を合せなければなりません。

これって、結構辛いものです。

大きな会社で部署が違えばまだしも、毎日顔を合わせる環境ならば、どうしても顔を見なければなりませんし仕事にも支障をきたしかねません。

社内恋愛で決めておく5つのルールとは?

(1)秘密にするなら徹底的に秘密にする

まず二人で付き合っていることを口外するのか、秘密にするのか話をしましょう。

そこで周りには秘密にすると決めたのであれば、徹底的に秘密にしましょう。

会社では普通に接し、会社付近でのデートはやめた方がいいですよ。

友人は職場では全く付き合っているそぶりは見せていませんでしたが、たまたま休日に会社付近で二人の車が並んで停まっているところを、チェックの厳しいおしゃべり女子に見つかりあっという間に噂になってしまいました。

私も職場の男性職員が泊まる宿直室から同僚の女性が出てきたところにばったり遭遇してしまい、お互いものすごく気まずい時間が流れたことがあります。

私は口外しませんでしたが、結局そんなつめの甘いカップルなので、別でバレてしまい噂の的になっていましたよ。

社内恋愛の相談もよっぽど信頼出来る同僚の場合は大丈夫かもしれませんが、基本的には同僚に相談しない方がいいのではないでしょうか。

(2)会社では私的な感情を持ち込まない

会社は仕事をする場なので、恋愛感情は関係なく仕事をしましょう。

彼氏・彼女だから甘やかしたり、喧嘩をしたから機嫌が悪かったり、私的な感情を持ち込まれては周りが迷惑です。

(3)同じタイミングで長期休暇をとらない

同じタイミングで長期休暇を取ると、確実に付き合っていることがバレます。

もしもバレなかったにしても、「この二人怪しいね」と詮索されちゃいます。

私は働いている時、シフト制だったので一斉にシフトが出るのですが、同じ休みが続くというだけで「この二人怪しくない?」と詮索する同僚は必ずいました。

それが長期休暇となると更に詮索されてしまいます。

オープンに付き合っていて気にしないという人は良いですが、周りに内緒にして付き合っている場合は出来るだけ長期休暇を合せたり、同じタイミングで何度も休みを合わせるというのはやめた方がいいですよ。

(4)社内ではお互いの呼び方に気を付ける

二人きりの時には特別なお互いの呼び方があっても、会社でそれがうっかり出てしまわないようにしましょう。

緊張感がないなど、余計な反感を買ってしまうもとになりますよ。

(5)社内メールをプライベートな内容で利用しない

社内メールは手軽に彼氏・彼女と仕事中でも連絡を取れちゃうので、ちょっと便利なツールと捉えられがちですが、間違って他の人に送ってしまったら大変です。

公私混同で使わず、真面目に仕事をしましょうね。

さいごに


社内恋愛をするなと言われても、人を好きになる気持ちも燃え上がった二人も止めることは出来ません。

でも一番に考えなければならないのは、“会社は仕事をするところであって、恋愛をするための場所ではない”ということです。

だから会社の雰囲気を悪くしたり、会社にとって悪影響を与えるような恋愛はすべきではありません。

周りの人間の心証を害することのないよう、出来るだけ恋愛をしていることは口外しない方が良いですし、例え周りに知られることとなっても、プライベートと仕事はきちんと割り切った言動を取るようにしましょう。

パートナー間で社内恋愛のルールを決めて守り、充実した仕事と恋愛が出来るといいですね!