転職の悩み

会社を「辞める」と上司に言えない新卒へ。言いやすくするポイントは?

「新卒で入った会社が思ったような会社ではなかった。」

「つらい、辞めたい。」

そう思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

いざ辞めようと決意しても上司に伝えるのはなかなか勇気がいりますよね。

私も新卒入社した会社を辞めるときは「今日言おう…」と思っていたら1日が終わっていたなんてことがありました。

上司に伝えてどんな反応されるか怖いんですよね。

…でも、辞めるには上司に伝えなければならないですよね。

ここでは、私のように「会社を辞めたい。でも上司に言いにくい」と考えている方に向けて言いやすくなるポイントを説明します。

「会社を辞めたい」とどのタイミングで伝えるのか

私が退職しようと思った時にまず考えたのは「どのタイミングで上司に伝えよう」でした。

私が気を付けたのは当たり前ですが「忙しい時期避ける」です。

忙しい時期に話してしまうと上司はしっかり聞いてくれません。

せっかく勇気をもって伝えたのに流されてしまったなんてことになるかもしれません。

できる限り上司が話を聞いてくれそうな時期に伝えましょう。

また、話す時間帯も朝ではなく、業務が落ち着いている営業時間後が良いでしょう。

ただし、年がら年中忙しいなんて職場はは伝えるタイミングがなくなってしまうので、その場合は忙しいことはおいといて、思い切ってこの日にする!と決めて伝えましょうね。

「辞めたい」と伝えたときの上司の返答を予想しておく

退職の意思を伝えたときに上司がどんな反応をするかわからないと漠然とした不安や怖さがありますよね。

怒られたらどうしようとか考え始めてしまいます。

でも、実際は上司からの返答って大体同じような言葉しか返ってこないです。

あらかじめどんな返事が返ってくるか予想しておけば、ある程度のことを言われても動揺せずに答えることができます。

気持ち的にも余裕が出ますよね。

実際に私が上司に言われたことを参考に返事を考えておきましょう。

「どうして辞めたいの」

これは王道ですよね。

「どうして辞めたいの」

絶対に聞かれるのでこれだけは必ず考えておきましょう。

辞めたい理由を聞かれても正直に答えるかどうかって迷いますよね。

個人的には「ネガティブな理由」は伝えない方が良いと思います。

なぜならば、上司からするとそのネガティブな原因を取り除けば考え直してくれるかもしれないと、説得してくるからです。

説得がはじまるとなかなかスムーズに辞めさせてくれませんし、一度辞めると伝えた後に上司から説得されて続けることになっても会社の中の自分の立場は悪くなるばかりです。

「いつ辞めたいの」

辞めるとしてもいつ辞めるのかで会社の対応も変わってきます。

辞める1ヶ月前までに伝えるのが一般的なようです。

ちなみに私の場合、辞めたいと伝えた次の日には退職扱いにされていました。

こういう会社もあります…泣

「他の会社に行っても同じ状況になるよ、まだ早くない?」

入社して早い段階で辞めようとすると「どこにいっても同じだ」「ここで通用しなかったら他にいくところがないぞ」などと脅してくる人が少なからずいます。

こういうことを言ってくる会社はブラック臭がしますね。

転職先でも失敗するイメージをわざともたせて今の会社にとどまらせようとしているんですよね。

でも、若い今なら第二新卒枠でホワイト企業に入社することも可能です。

逆にその脅しに負け、そのままブラック企業にとどまり、年数が経つとどうでしょう。

第二新卒の枠からも外れ、せっかく転職できそうだった企業にも転職できなくなります。

こっちのほうが損じゃないですか。

「他の会社に行っても同じ状況になるよ、まだ早くない?」と言われてもしっかりNOと言いましょう。

「辞める」と伝えるときに一番大切なことはなに?

「辞める」と一度言ったらぶれない

「辞める」と伝えるときに一番大切なことは「ぶれない」ことです。

上司は新入社員が辞めると自分の評価も下がりますし、まずは辞めないように説得してくると思います。

でも、一度辞めると伝えたら「ぶれない」ほうが良いです。

私の元同僚の話ですが、辞めると伝えた後に上司から説得されやっぱり続けることになった人がいます。

社内では「あの人辞めようとしたけど○○さんに止められたらしい」と噂が流れ、周りも気をつかい、大きな仕事も任されなくなりました。

結局以前よりも働きにくくなり退職することになりました。

一度辞めると伝えると「ここの会社で本当は働きたくない人」とレッテルを貼られてしまいます。

その状態でまた会社で頑張るのは一苦労です。

できる限り、一度辞めると伝えたら「ぶれない」ほうが良いと思います。

3年以内に辞める人は意外と多い

大卒の新卒で3年以内に辞める人は約3割いるそうです。

約3人に1人が3年以内に辞めているのです。

私が新卒で入った会社は15人ほど入社しましたが、3年経って残っていたのはたった1人でした。

みんな各々第二新卒として転職しています。

それくらい第二新卒市場は大きくなり、新卒たちも辞めることへの抵抗が少なくなってきているのではないでしょうか。

今の時代、定年まで同じ会社で働く人なんてほんの一握りで、大体の人が転職を経験しています。

企業としても少子化の中で、できる限り若い人材を確保したいので第二新卒の募集も増えてきています。

辞めたいと思ったら第二新卒のうちに早めに手を打っておくと良いでしょう。

第二新卒を専門としている転職エージェントもあります。

専門のエージェントなので第二新卒ならではの悩みも解決してくれ、転職を手助けしてくれますよ。

【↓第二新卒におすすめな転職サイトは「いい就職.com」です。】


登録は無料なので、とりあえずどんな市場があるのか参考にするためにも登録しておくと良いですよ。

さいごに

退職の意思を伝えるのは怖いですし、ドキドキしますよね。

私も上司を目の前にするとうまく言葉が出てこず、毎回「辞める」と言えなくて困っていました。

今回の記事を読んで、意外と仲間は多いんだな〜!自分も参考にしようと思っていただけると嬉しいです。