転職の悩み

会社を辞める!新卒1ヶ月で辞めた私が親に相談しなかった理由

この記事では、「会社をやめるときに親に相談しなかった理由」について紹介します。

・会社に行くのが辛い
・新卒で入社したけど会社を辞めたい

そう思った時にあなたは親に相談しますか。

私も新卒を1ヶ月で辞める時は親に相談するか、迷いました。

「内定が決まった時に喜んでくれたから言いにくい…。反対されるだろう。でも辞めたい」

そんな考えがグルグルまわっていたんですよね。

今回はそんな私が「会社をやめるときに親に相談しなかった理由」について書いていきます。

なぜ会社を辞める時に親に相談しなかったのか

私が会社を辞める時に親に相談しなかった理由は3つありました。

1.会社を辞めることに反対されると予想した


まず最初に考えたのは「絶対に反対されるだろうな〜」でした。

親は子どもの幸せを望むものです。

親からすると会社の状態や仕事内容は見えないですから、一般論として長く会社で働く方が幸せになれるに違いないと考えますよね。

なので、親は幸せを願ってそのまま働くことを勧めてくると思いました。

親が自分の幸せを願ってくれているのは嬉しいですが、伝えても前に進むことにプラスにはならない気がしました。

また、最初から親の答えがわかっているのに相談するのは気が引けました。

「親は子どもの幸せを望む」ということを逆手にとって、辞めることでどれだけのメリットがあるかを伝えると応援しれくれるかもしれません。

2.「辞める」という意思が揺らがないと思った


一番の理由は自分の「辞める」という意思が揺らがないと思ったからです。

当時は毎日テレアポや飛び込み営業、ビラ配りなどをやっていました。

私は売り込んでいる商品が良いものには思えませんでしたし、何のために必死で働いているのだろうと悩んでいました。

やりがいがなかったんですよね。

そんな時にWEBデザイナーに興味を持ち、今ここでやめてデザイナーを目指していくぞと決意しました。

そのまま会社で働くよりも別の仕事につくことが何倍も幸せに思えたんです。

なので、どんなに反対されても「辞める」という決意は固く、相談する必要はないかなと思いました。

逆に親に反対されたら、辞めないかも…と思う人は退職してもあとで後悔する可能性があるので辞めずに続けた方がいいと思います。

3.良い意味でも悪い意味でも「自分の行動」は自分の責任


社会人になったら自分の行動は自分の責任だと思っています。

もし、ここで辞めてお金もなくのたれ死んでもそれは自分の責任だよなと思っていました。

親に一度でも相談し、悪い結果になったら、「辞めるのを止めなかった親」として親も責任を感じてしまう気がしました。

辞めるという選択は自分に責任があるので自分一人で決めてしまおうと思いました。

いつ「会社を辞めた」と伝えたのか


私が親に「会社を辞めた」と伝えたのは退職後1ヶ月ほど経ってからでした。

親は

なんで辞めるの?え?もう辞めた?先月???

という反応でした笑

そりゃ困惑しますよね。

でも、特に反対されたり否定されることはありませんでした。

親も「大人になったから自分で思うように人生を歩んでほしい」という考えだったようです。

そもそも既に辞めてしまっていたので、アドバイスも何もできないという感じもありました笑

会社を辞める時に相談しておけば良かったと思ったこともあった


私の場合、先の見通しが立って辞めたわけでなく、いわゆる勢いで仕事を辞めました。

そのため、当たり前ですが、辞めた後はお金がない!保険の手続きがわからない!など、あとあと苦労しました。

自分が決めたことなので仕方ないですが、親に相談しておけば親の扶養に入ったりもできて出費も少なかったかもと後から思いましたね。

さいごに

今回は「会社をやめるときに親に相談しなかった理由」について書いてみました。

私は勢いに任せて辞めたタイプなので参考になるかはわかりませんが、こういう人もいるんだなと読んでいただけたら嬉しいです。

親には相談しませんでしたが、特に親との関係も悪くなることはなく、辞めた後も応援してくれてるのでありがたい限りです。

私は今でも「親に相談しない」という選択をしてよかったなと思っています。